みすゞ飴 四季のジャム 国産フルーツのお菓子専門店
株式会社飯島商店
ホーム 商品紹介 会社概要 店舗案内 お問い合わせ
みすゞ飴
四季のジャム
アラカルト
贈答商品
ゼリー
登録有形文化財に登録
産地
和歌山県田辺市
収穫時期
7月
特性
バレンシアオレンジは、1865年にポルトガルからイギリスに輸入されて品種登録されました。 1870年代にはアメリカに渡り、カリフォルニアやフロリダにて瞬く間に生産量を伸ばして、世界的な知名度を獲得しました。 現在でもバレンシアオレンジはオレンジの主力品種であり、その最大の生産国はアメリカとなっています。

日本には1903年(明治36年)にアメリカ経由で導入され、和歌山県田辺市の上秋津地域においても100年くらいの栽培の歴史があります。
日本の気候では収穫時期は初夏から盛夏と、柑橘としては珍しい旬となっています。 このため、そのまま栽培したのでは冬に橙色に色づいた皮が、春から夏の強い日差しを浴びて再び緑色に戻ってしまう「回青」という現象が起こってしまいます。 回青現象が起こると果皮が緑色に戻るだけではなく味や風味も落ちてしまいますので、日光に当てないように一つ一つ袋がけをしなければなりません。
近年、手間のかかる国産バレンシアオレンジ栽培は次第に敬遠され、生産量は年々減少の一途を辿っています。

世界的な品種のバレンシアオレンジですので、スーパーなどの量販店でアメリカ産などの輸入物を見かける機会は多いです。 しかし国産は珍しく、田辺市上秋津地域はわずかに残ったバレンシアオレンジの主要生産地となっています。
ポストハーベストの心配の無い貴重な国産バレンシアオレンジ、その安心安全な美味しさをぜひお楽しみください。
世界的に見ても、バレンシアオレンジはマーマレードジャムの王道との評価を得ています。紀州バレンシアオレンジジャムも、薄切りの皮を入れたマーマレードタイプとなります。
コクのある旨みと、国産だから実現できるフレッシュな風味をお楽しみください。
バレンシアオレンジの実 バレンシアオレンジの木
バレンシアオレンジの花 袋がけされた状態
■アレルギー特定原材料に関する表示
▼特定原材料7品目(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・ピーナッツ)
使用していません。
▼特定原材料に準ずるもの20品目(あわび・いか・いくら・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・さけ・さば・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・ごま・カシューナッツ)
オレンジ、を使用しています。
お買い求めにはオンラインショップをご利用ください。