きんかんジャム きんかんふくめ煮
産地 宮崎県串間市
収穫時期 1月下旬〜2月中旬
特性 金柑は中国原産のくだもので、飯島商店が使用している寧波金柑(ネイハキンカン)もその名のとおり安政年間に中国から伝来したものです。中国では宋代以前の昔から栽培されていたようです。
金柑はほとんど品種改良の行われてこなかった果実で、現在日本で生産されている金柑の大半は、この寧波金柑となっています。

柑橘の中では最も小さい果実で、10g程度の大きさにしかなりません。果肉は酸っぱいだけでむしろ果皮のほうが甘いために、柑橘としては珍しく皮を剥かないでそのまま丸かじりで食べます。寧波金柑は金柑の中では特に癖の無い品種で、酸味はほどほどでえぐ味は少なく、肉質はきめ細やかです。

飯島商店では寧波金柑をさらに美味しく食べやすくするために、丹念な手作業の繰り返しでジャムとふくめ煮に仕上げています。
きんかん
ジャム

金柑の独特の風味を損なわずに、食べやすさを引き出したジャムです。

きんかん
ふくめ煮

ふくめ煮では形を崩さないで柔らかく煮るために、職人の細やかな技術を要します。
きんかんジャム きんかんふくめ煮
きんかんの木 きんかんの実
納入されたきんかん